×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

プログラマのお仕事メモ > Java自作ツール

私が作った便利?なツールを公開します。

StaticPageMaker.jar


静的なWEBページを楽して生成するツールです。
紹介ページはこちらです。

DBCon.jar



DBCon.jar :
 データベースの操作を楽に行うためのモジュールです。

使い方

準備としてまずは、
・DBCon.jarにパスを通します。
・odbc接続以外の場合は対応したJDBCドライバにパスを通します。

次はコーディングの例です。
/*
* インスタンス生成: データベースとコネクション確立
* 引数
*  DSN = データソース名
*  USER = ユーザ名
*  PASSWORD = パスワード
*/
tanaka.jdbc.odbc.DBCon dbcon = new tanaka.jdbc.odbc.DBCon(DSN, USER, PASSWORD);

/*
* SELECT文を実行する
* 引数
*  SQL = 検索系SQL文
* 戻り値
*  ResultSet
*/
Resultset rs = dbcon.getResultSet(SQL);

/*
* INSERT,UPDATE,DELETE文を実行する場合
* 引数
*  SQL = 更新系SQL文
* 戻り値
*  更新された数
*/
int count = dbcon.execUpdate(SQL);

データベースの種類で以下の通り使い分けます。

ODBCを利用する場合:
	1.tanaka.jdbc.odbc.DBCon のインスタンスを生成する
		引数は データソース名, ユーザ名, パスワード です。
MySQLを利用する場合:
	1.MySQLのJDBCドライバを読み込む
	2.tanaka.jdbc.mysql.DBCon のインスタンスを生成する
		引数は ホスト名(またはIP), ポート番号, データベース名, ユーザ名, パスワード です。
PostgreSQLを利用する場合:
	1.PostgreSQLのJDBCドライバを読み込む
	2.tanaka.jdbc.pgsql.DBCon のインスタンスを生成する
		引数は ホスト名(またはIP), ポート番号, データベース名, ユーザ名, パスワード です。
MicrosoftSQLServerを利用する場合:
	1.MicrosoftSQLServerのJDBCドライバを読み込む
	2.tanaka.jdbc.mssql.DBCon のインスタンスを生成する
		引数は ホスト名(またはIP), ポート番号, データベース名, ユーザ名, パスワード です。
ざっくりした説明ですが、なんとなくわかってもらえたでしょうかw
まずはEclipseなどの開発環境から使って見てください。

Copyright (C) 2004 tanaka akira. All Rights Reserved.